音楽のブログ

徒然と。東京でギターを弾いています。

悩み 続・オーディオインターフェース

と言うわけで、なまじ詳しいが故に、悩みまくる、私の機材選定

 

そもそも俺ってどこまで音質に拘れば良い立場なの?

良い機材買ったとして、ルームチューニングは?

部屋のコンセントに来てる電気の品質は?

っていうか俺って何する人?

そんな自問自答が繰り返されてます

 

 

 

最初はね?

element 88 と安売り中のuad-2でいいじゃんなんて、考えてたんですよ。

合わせて30万円。まぁゆっくり貯めて行けば1年以内には買えるよね〜的な。

 

まぁまぁ、、急ぐ話じゃないし本腰入れて考えるか〜

といろいろ考えてみた結果、いやあれならこっちの方が良いんじゃない?とか、いやここで音質にこだわるなら結局必要な機材増えてコストが、、、とか、ていうか機材たくさん繋いだら電気代高いよね?とか、、、、、

 

 

つーわけで、

欲しい機能的には

安定性(1番大事)

レイテンシー(1ms以内くらい)

多チャンネルプリ(リハスタRec用)

3-4HPout(リハスタRec用)

音質!!

拡張性!!

値段が安い(ぶっちゃけ機材にお金かけるの間違ってる気がして来てる最近)

 

 

以下候補の組み合わせ挙げていきます

 

 

Apogee element+uad-2

 

レイテンシー(ダイレクトモニタリングで0.6ms、ラウンドトリップで2ms前後)

安定性◎(Apple専用のオーディオドライバでCPU負荷軽減)(uad-2でミックスもCPUに負荷はかけないぜ)

音良し!(試用済み)

 

お〜〜いいじゃん。

でもプリ8個で足りるかな、、?

多点キットのドラムとか、音量バランスの悪い(キックよりハットがデカイような)プレイヤーとかに対応出来なくない?

ADATで拡張プリも買ったら全部で40万円コース?うひゃあああ。と言うわけで帯に短し!

無理デェス。

 

次。

 

Apollo Twin MKII Quad

レイテンシー(console app使用で2ms。スピーカーでモニタリングするならまぁ良いけど。)

安定性◯(uad-2。ぶっちゃけ俺にはQuadで足りると思う)

音、、そこそこ良い。

値段 16万円

 

プリは拡張前提。HPoutも。別のミックスを一系統しか作れないのがなぁ〜

ADAT拡張すると48khzまでしか行けないのが少し嫌だな。(これからは88.2khz,24bitで作っていきたいので。そうなると本体にプリ内蔵してるorアナログ接続じゃないとダメか、、?)

モニターコントローラーの形だし、利便性は凄い。

 

 

 

次。

 

Digigrid IOX

 

レイテンシー◎ (ミキサーアプリ使用で0.8ms。DAW通して4msくらいだったかな、、。) 

安定性◯(バッファ32で安定動作するらしい。)

音。◎(実際に収録をしてみないとなんとも言えないけど)

拡張性◎(Soundgrid対応機器だけだけど)

プリ12個!HPout4つ!必要にして充分!

値段20万円

 

なんてちょうど良い機種なんだ。

 

欠点は、、、、

デカイ。。。。

 

1Uなんだけどねー奥行きが半端ねーっすわー重たい。

 

 

次。

clarett 8pre X

レイテンシー◎(うーんなんか低いみたいよ?)

安定性は分からん、、、普通くらい?

音。まぁFocusriteのコンシューマレンジだからねぇ。。

値段 13万円

8プリの2HP out

 

いや、微妙じゃん?

だけど、。13万円でこの音録れたら充分じゃない?

Focusrite // Clarett 8PreX - Recording Knights with John Mitchell - YouTube

 

まぁこれはプロの腕と楽器と演奏があってこそだけど。

あとAir機能ってのが便利。

アナログの段階でマイクプリに色付けが加えられるから、全部同じプリで纏めたくない時(バンドものはきっとほとんどの場合でそうだけど)にこれ一台で済むよね。

 

こだわらないならこれで良くないか?

 

 

ま、まぁ、、 次

 

Presonus Studio 192

レイテンシー

厳密にはそんな事ないんだろうけど、

これをStudio One3と組み合わせて使うと、

録音トラックのダイレクトモニタリングが可能になるのよ。

別途コンソールアプリから操作する必要もなし。

これって地味にすげー便利機能だと思うんだよね。

掛け録り用のチャンネルストリップも一応用意されてる。1種類だけだけどね。

マイクプリのゲインもコントロール&リコール出来る。

気分的には擬似HDX。

値段は10万円。

 

ただ、それ以外は何も信用してないけど。。。

Presonusの作るハードは基本信用ならんす。

あと、俺はPro Toolsに完全移行したいのよ。

 

まぁ低レイテンシー◎かつコストがかからないと言う意味では良い選択だと思うけど、それ以外はいろいろも我慢必至ですな。

 

 

なんやかんや書きましたけど、

ぶっちゃけ音質に拘れるならレコスタ行けば良いわけで。

俺って立ち位置的にはきっと、プリプロ手伝うような方が近いからなぁ。

 

 

うーむ。むむ。

 

あ!

Apollo twin mkII Quad

+

clarett octo pre(8chADDA)

+

アナログ拡張用に

Apollo duo TB(中古)

とかどうだろうか。

うまく行けば30万円くらいで、

14マイクプリ、3 HPout

アナログ22outとかになるよね

 

う〜〜む。

 

某サイトで、

Metric HaloのLIO-8の整備品が168000で売っていて、

発売当初なら50万円?した機種だけに少し考えましたが、完全なラインのADDAコンバーター故に別でマイクプリも買う事を考えたら少しなぁ、、、って感じです。

音質は完全に業務レベル。今日挙げた中だとぶっちぎりでマスタリングクオリティなんだけどね。

17万円かぁ、、、、お金あればなぁ〜

 

 

 

ぶっちゃけこんなにお金出すなら

簡易防音室買ってガットギター練習したいもんだけど。。。。

 

そう考えると拘りを捨ててPresonusかFocusriteか潰しの効くApolloかな。

 

 

うーーーーむ悩む。。。

お金ない。。

 

 

 

 

みんな天野に仕事くれ。

みんなが仕事くれたら全部解決だ。

プリプロ手伝うよ。

いろんなドラムキット選んだり、ギターアンプ選んだり、プリプロしっかりやると、本番Recでニュアンスに迷わないようになって時間の節約とクオリティアップが同時に出来ると思うよ。。。。。

 

 

 

おやすみ。