音楽のブログ

徒然と。東京でギターを弾いています。

Kemperでアンプコピーしたり。

 

こんにちは。

 

まずは宣伝です

 

f:id:leozombie:20180615150303j:image

 

2018年6月29日(金)

大阪 寺田町Fireloop

 

ぼくいる。の主催イベントです。

対バンの厚さが凄い。剥き出しな感じで

楽しみな1日です

 

e+でも予約出来ます

 

 

 

 

昨日は東高円寺UFOclubで艶街のライブでした。

対バン一通り見てたけどUFOclubぽい1日だったな 

純情マゼランカッコ良かった〜〜

モリカホさんはソロの弾き語りもとても魅力的です

 

 

 

 

さて、UFOclubの常設アンプは今時珍しいJCM800なんですよ。

多分リイシューのだと思うんだけど、音がザ・マーシャル!って感じで1959とはまた違う、なんていうかハードロックの音がするんですよね

 

数あるライブハウス常設機材の中でもかなり好きなアンプだったんですけど、

 

ふと思い立ちまして、UFOclubのPAの方に「隙間時間にKemperでそちらのJCM800をプロファイリングさせて頂けませんか!」と相談したところ快諾頂き、実験開始となった訳です

 

 

今回の趣旨はレコーディングではなくアンプヘッドとしてKemperで持ち運び、どこの会場でもJCM800として使える様にする為、ダイレクトプロファイルです。

(注:僕のKemperはPowerRackです)

 

 

 

と言うわけで接続はこんな感じ。

 

ギター

Kemper

JCM800

RNDI(スルーでキャビネットに)

M.P.A.1(マイクプリ)

Kemperに戻す

 

という接続順です。

 

注意だけど、良くブログや動画などで見かける「アッテネーターを使って音を出さずにダイレクトプロファイル」って間違いだからね。(アンシミュをプロファイルする場合は別として)

説明書読めば書いてあるけど、それだとパワーアンプ(というかスピーカーと接続された時のパワー・アンプ)の挙動を読めないので、必ずスピーカーレベルの信号を受けれるDIを使ってスルーでキャビネットに音を出しましょう。

 

代表的な機種はRupert Neve DesignのRNDI、countrymanのType85か、地味にAvalon U5も可能です(U5以外はDI信号をラインレベルまで上げる為のマイクプリをお忘れなく!)

 

まぁアッテネーターを使ってプロファイルした事無いので案外問題無く出来たりするかもだけど。。。

 

 

 

という塩梅で接続し、まずはJCM800の音作り。

写真をイメージすると分かりやすいんだけど、Kemperでプロファイル出来るのはあくまでもその時点のセッティングの音であって、ツマミの挙動などはカバーしてくれないので、無難にセッティングするんじゃなくベストなセッティングを最初に決める事が超前提レベルで大事。

 

ここで音が良くないならプロファイルする意味も無いですから。。。

 

 

自分のバンドに丁度いい歪み感、歪んだ時のロー感上の抜け、ストラトで操れるトーンの上限と下限などなど、自分なりに気をつけるべき点を考慮しながら、良いなと思えるセッティングに辿り着けました。

 

 

あとはいくつかKemper側でセッティング、マイクプリへの入力ゲインを調節してプロファイル開始。

 

すげー轟音が出ます。

プロファイルの操作自体とその後の調整は説明書読んでくださいな。

 

 

 

結果は良好!

 

いつものUFOclubって感じでなんの違和感もなくライブで使う事が出来ました。

少なくともライブ中に、トーンが付いてこない!みたいな不満で集中力を削がれることはありませんでした。

(本番ではKemperの機能で少しGainを盛りました)

 

 

最近学んだなぁと思う事が、歪みと音量の関係性にもっと気をつけるべきだなという事があります。

 

今回のプロファイルも、同じ音量で出すとソックリです、が、、じゃあ使いやすい音量に下げて、、、ってやると違和感が出ます。

 

これはもう耳が覚えている「この歪み量と歪み感と音量はセット」ってのがあるんでしょうね。

キャビの鳴り方も変わるだろうし。

 

シミュレーターやウソみたいな歪み方をするアンプを使う際は自分の立ち位置に聞こえる音量を「リアリティあるな」って所で揃える事に気を払うといい具合になる予感がします

まぁ会場によって響き方もうるさいと感じる閾値もバラバラなんですけど。。

 

 

 

今後も追求していきます、、、、

 

 

 

 

 

 

f:id:leozombie:20180615155059j:image

 

このラーメン(えっ、ラーメンなのか?!)

東高円寺にある麺昇 神の手というお店です。

ずっと来たかったラーメン屋さんだったんで喜びもひとしお、とっっっっても美味しかったです。

 

このラーメン屋さんを教えてくれたのはもらすとしずむの田畑さんなんですが、

ちょうどラーメン食べてる時に田畑さんからもらすとしずむのライブ映像のお知らせを頂いてあまりのタイミングの良さに笑っちゃいました。

もらすとしずむ 生で観たことはまだ無いのですが、映像で観れる音楽はとてもカッコいいです

 

自分で意味付けしたくなる 余地のある音楽 っていいよね。

 

 

 

 

大阪のライブ楽しみ!

きいたのたこ焼きも楽しみです

 

ちゃいばー